テレビ観戦「スーパーボウル スティーラーズ vs. カーディナルス」

昨晩は、今期のスーパーボールを録画して、観戦しました。

ピッツバーグ・スティーラーズとアリゾナ・カーディナルスの対戦でした。その試合は本当に見事でした。お互いのレシーバーとディフェンスの対決の見所は、秀逸でした。特に第4Qは、逆転に次ぐ逆転。大変おもしろ試合でした。しかし、あの巨体があのスピードで体当たりをする姿はなんとも壮観ですね。それにしても、あの体当たりを受けても怪我をしないというのも、人間ではないでしょうね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ライスボウル「パナソニック電工インパルス vs. 立命館大学パンサーズ」

東京ドームで、ライズボウルを観戦してきました。パナソニック電工インパルス vs. 立命館大学パンサーズで、前評判では、パナソニック電工インパルスが有利でしたが、開始早々立命館大学パンサーズの攻撃が立て続けに決まりいきなりリードします。第2クォーターの途中からが、パナソニックの攻撃vs.立命館のディフェンスという一進一退の均衡で、白熱しました。最後の2分は圧巻です。最後の高田からのロングパスの結末には、息をのみました。

立命館大学、おめでとうございました。


P1030023

ライスボール

| | Comments (1) | TrackBack (0)

川崎球場でX-League観戦

2008年秋期リーグも大詰めを迎えてきたX-League。2試合見られるお買い得と言うこともあり、川崎球場に行ってきました。

鹿島 vs. オール東京ガス
と、
富士通 vs. アサヒビール
という2カード。

鹿島は、その実力通り順当勝ち。
もう負けられないアサヒビールであったが、全勝中の富士通の壁は厚かったというところでしょうか。富士通の19番のQBは、すごかったな。アサヒビールも学生時代関学で活躍した三原選手がQBで頑張っていたけど、QBの仕事をしやすい環境を作るOLの違いが勝負を決めたかも、と素人ながらに思っています。

あとは、まだまだ観客動員に課題を抱えるX-Leagueですが、観客サービスの前向きな試みには、好感が持てました。

Pa180003

| | Comments (2) | TrackBack (0)

10月4日 横浜スタジアム

横浜 vs. 広島

満を持しての先発ルイスが乱調。14-5で破れる。これにてCSの出場不可およびBクラス確定。無念。

まあ選手の皆様、お疲れ様でした。また来年頑張りましょう。

Pa040001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10月2日 神宮球場

神宮球場 ヤクルト vs. 広島
クライマックスシリーズの可能性がある広島の応援に、仕事を定時で終えて駆けつける。

緊迫した投手戦だが、東出のナイス走塁で、広島1-0で競り勝つ。

081002210730

| | Comments (6018) | TrackBack (0)

東レパンパシフィックテニス2006

行ってきました。今年も東レパンパシフィックテニスに。そしてある意味、夢の試合を見ることができました。

img009

そうです。新女王候補シャラポワと若くして怪我のために引退した元女王、天才ヒンギスの対戦を。本当にすばらしい時間でした。怪力パワフルショットとねばり強いフットワークのシャラポワ、それに対抗する正確なボールコントロールで対抗するという見事な戦いでした。結果的には、スーパーショットでしかヒンギスから点を取ることができなくなったシャラポアは、じわりじわりと追いつめられていったシャラポワ。シャラポワのふつうのボールはすべて攻撃に変えてしまうヒンギスの受けの強さ。ヒンギスの完全復活と今年の彼女の活躍を確信したのは、私だけではないはずです。

2006_0204phot0022
もう一つ試合で気がついた特徴は、フラットに近い面でボールをたたいているシャラポワと深くまで球足の伸びるドライブ回転かかった球を精度良くコントロールしているヒンギスという感じで随分球筋の違う二人でした。しかしシャラポワは、彼女の強打が通用しないレベルの相手になると、打つ手がなくなりますね。ここにゲーム展開を変えるとか、ボールに緩急をつけるとか、新たな進化が必要な気もした本日のテニス観戦でした。

本当に、ヒンギスの復活はうれしかったです。

参考
東レパンパシフィックテニス2005
ヒンギス復活の可能性

| | Comments (50) | TrackBack (0)

交流戦・西武vs.広島・インボイス西武ドーム

インボイス西武ドームに交流戦・西武対広島を見に行ってきました。もちろん目的は、松坂対前田の夢の対決を見たいという。が、本日は松坂の先発でありませんでした。というより、我が広島は松坂の眼中にない!!!

2005_0529phot0025

で、結果ですが、延長戦の末の1-2で、我が広島が負けてしまいました。何度も勝ち越すチャンスがあるのに、それが物にできないというのが、問題ですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東レパンパシフィックテニス2005

行ってきましたぜ。「東レパンパシフィックテニス2005」決勝を見に、東京体育館に行ってきました。

まず第一の罠、座った席が2階10列14番だったのですが、なんとそこの席は通路側から13番12番14番という順番になっていました。13番と12番が入れ替わっているんですね。まあ、10列目だけなので、座席のラベルを貼り間違いなんですけど、いつか治るかな。次回行ったどなたか見ておいてください。

シングルス、シャラポワvs.ダベンポート
どうもダベンポートがさえない。なんか走らんし、全部一発で決めようと攻め急ぐし。でっどうしたかなと思ったら第一セットを取られたところで、ダベンポートが、メディカルタイムを取るじゃないですか。今日は、この後のダブルスもダベンポートがでるので、よもや棄権となるとこの後どうなるかと思ってどきどきしました。後で知ったのですが、ウォーミングアップ中に足を痛めていたようです。
2005_0206phot0037
しかし、第2セットからは力ずくで相手に打ち勝つ作戦にでておりました。さすがランク1位のプレイヤー。そのあたりはすごいですね。力ずくでシャラポワをねじ伏せに掛かり第2セットを取り返し、第3セットはタイブレークまで行きましたが、最後にはシャラポワの粘り強さに破れました。最後にシャラポワのファーストサービスの威力が増してきたのがよかったということですかね。

次のダブルスもダベンポートが出てきたのですが、さすがにダベンポートも走れずに力尽きた感が強かったですね。あっそうそう、シャラポワと戦っているときのダベンポートは、そこそこでかいなと思いましたが、ダブルスになったときのダベンポートはかなりでかいことが発覚しました。他の3人、いや審判も入れて4人が子供みたいだった。しかし、マスコミ関係のカメラマンも客もシングルスの時よりかなり減ったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒンギス復活の可能性

朝日新聞によると、元女子プロテニスプレーヤー・ヒンギスが復活をするかもしれないということ。若くしてけがで引退しただけに、残念だったが、うまく復活できることを祈っております。またウィリアムス姉妹とのけんかが見られるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ライスボール観戦

アメフトの学生チャンピオンと社会人チャンピオンで日本一を決めるライスボールを東京ドームで見てきました。立命館vs.松下電工。まあ試合内容は、松下電工の圧勝でした。立命館の攻める余地がなかったのは、松下電工のディフェンスがよかったと言うことでしょう。素人意見ですが、立命館が後半にパスを多用してそれがことごとく失敗していたような気がします。

ちなみに、チアリーダー対決は、CCガールズ 対 モーニング娘。でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧